Examination

各種検査

超電導MRIをはじめ、デジタルX線測定器を使用したレントゲン検査、骨密度測定など様々な検査が可能です。患者様のご負担をできる限り軽減するためにも、より高度で精密な検査から治療まで1ヵ所で行えるクリニックを目指しています。基本的には医師が必要と判断した場合に検査のご案内をしておりますが、予防目的や定期検査などのご希望がございましたら、ご相談に応じますのでお気軽にお申し付けください。

当院の検査機器のご紹介

超電導MRI

MRI検査とは、磁場を利用して体内の様子を画像化するもので、放射線を使用していないため被ばくの心配がない検査です。当院では超電導MRIを導入しており、高速でより精細な画像診断が可能となっております。MRI自体は痛みもなく、レントゲン検査では分かりにくい神経・筋肉・靱帯などの損傷や断裂、微小な骨折や炎症まで確認することが可能なため、様々な病気の発見に有用です。

  • デジタルX線(DR)装置

    レントゲン撮影と言えば、長年X線フィルムを用いた撮影が行われてきましたが、近年のデジタル技術の進歩により、フィルムを使用する代わりにFDP(フラットパネルディスプレイ)検出器を利用した、デジタルX線検査が主流になりつつあります。
    X線フィルムやCR(コンピューテッド・ラジオグラフィ)と比較して、DRでは「高速」「高解像度」「低線量で安全」な画像検査が可能です。

  • 全身用X線骨密度測定装置

    骨粗鬆症の診断や治療効果の判定には、腰椎や大腿骨などの骨密度測定は欠かせない検査と言ってよいでしょう。
    当院ではGE社製骨密度測定装置を使用することで、検査中の患者様の移動の必要性を省き、より正確で迅速な検査を行うことが可能です。